なんたる風圧・・・!

もみあげが全部食べ物という弟を持つ友達を持つ私のブログ
<< 夢の話 | main | 福本伸行が似顔絵w >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.12.22 Saturday 】 author : スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
フライト・オブ・フェニックス
 昨晩のウィークエンドスペシャルは見ましたか?






今週は映画
http://movies.foxjapan.com/flightofthephoenix/

でしたね


ストーリーはコピペで↓
 閉鎖された石油採掘所のスタッフと廃材を運ぶ運搬機が、巨大な砂嵐に遭遇し砂漠のど真ん中に不時着する。毎度お決まりの仕事を無難にこなすだけだった貨物機操縦士のフランク(デニス・クエイド)は、自分たちの状況が最悪なのを察し、助けを待つしかないと悟る。しかし、コスト削減のため採掘所を閉鎖した本社が、彼らの捜索部隊を出す予算など持っているわけがないことに気付き、彼らは絶望の淵に立たされる。その中で正体不明だったエリオット(ジョヴァンニ・リビシ)が不時着した貨物機の破損していない部分を見つけ、彼らはここから新しい飛行機を造ることを決意する。

 生存者たちはそれぞれの違いに目をつぶり、エリオットの指揮のもと、フェニックス号の組み立てにとりかかる。しかし、新しい飛行機がそれらしい形をとり始めるに至っても、彼らがやろうとしていることは困難で、不可能なものに思えた。極限に追い込まれた精神状態では、仲間内での資源の奪い合いや、権力争いが起きてしまう。さらに、砂漠を襲う雷、武装集団の出現など、次々と困難が彼らを襲う。果たして彼らは新たな飛行機を造りだすことができるのか!? そしてその飛行機は無事に飛び立つことができるのか!?







よし!B級オッケェェ!

って感じのタイトルとストーリだよね



砂漠のど真ん中で食料も少ないのに(途中で水をこぼすハプニングもあるのに)最後まで元気に動き回ったり
お決まりの尽きない高いテンションとかも凄いアメリカチックだったところも、また一興




しかし、こういうサバイバルもので飛行機を作って脱出とは中々無いよね

映像表現も良かった
消費する水分の露骨な表現だったり
砂漠の中での孤独感など

右利きだと左足が微妙に発達するため磁石のきかない場所で歩くとグルグルと円を描いて歩いてしまう
など豆知識も結構あったし


あと役者も無駄に豪華だったり
メイキングとかみてると、遭難する飛行機とか砂漠の場所とかかなり凝ってる

結構お金かけてるのね



流石20キツネ





後ネタバレだけど飛行機設計士が本当ただの模型の設計士だったってのも良いね、ほんとに絶望感があったよ
その模型設計士は殺されそうになりながら「あの飛行機は飛ぶ!」と叫び続けて、嵐が偶然飛行機の機体を浮かして
皆「う、浮いた!浮いたぞーー!」
の展開も良かった
結構ああいう展開好きなんだわ

↑マウスオーバーで表示

というわけで
結構見ごたえのある映画でした



借りて損は多分無しだね!



というわけで


感想を終わります



ノシ
【2011.06.19 Sunday 20:28】 author : てっしー | 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
【2012.12.22 Saturday 20:28】 author : スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
コメント
コメントする





 


この記事のトラックバックURL
http://noanimenolife.jugem.jp/trackback/756
トラックバック
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SEARCH
PAGETOP